ジェネリックについて | ED治療薬を購入するなら効果の高いものを選びましょう!
menu

ジェネリックについて

黄色い透明な薬

ED治療薬のジェネリック医薬品というと、バイアグラが一般的なものになります。
日本で認可を受けているED治療薬三種(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の中で現在特許が切れているものはバイアグラのみとなります。
つまりバイアグラのジェネリック医薬品は国内の病院やクリニックで処方してもらうことが可能ですが、レビトラやシアリスというのは未だに国内の医療機関には存在しません。
海外ではレビトラやシアリスのジェネリック医薬品は製造されていますが、日本では認可されていないために手に入れるためには個人輸入をするしかありません。


個人輸入をするということは少しリスクの伴うものになっています。
というのも、個人輸入代行業者の中には少なからず悪徳な業者も存在するということです。
その悪徳業者にしぼりとられないようにするためにも、できるだけ信頼できる個人輸入代行業者を選びましょう。

気をつけなければいけないのは、個人輸入代行業者からED治療薬のジェネリックを購入した際に、あまり品質が良いものが来なかったとしても、賠償させるのは難しいということです。
そのために、基本的には個人輸入代行業者を頼るのはあまりおすすめしません。
もちろんジェネリックを購入するのは自由ですが、粗悪品を引いた時のリスクが大きすぎるのです。
リスクをあまり気にしないと言う人ならば問題はないでしょう。

レビトラやシアリスのジェネリック医薬品を購入するのは自由ですが、バイアグラジェネリックを薬局で購入するというのもいいのではないでしょうか?