レビトラのお話を | ED治療薬を購入するなら効果の高いものを選びましょう!
menu

レビトラのお話を

瓶に入っている白い錠剤

レビトラは世界で二番目に認可されたED治療薬になります。
その効果は即効性に富んだもので、効き始めるまでの時間が二十分程度という驚異的な早さを誇ります。
この即効性も相まって、バイアグラとの明確な差別化がされています。
レビトラのパッケージには炎がデザインされているのですが、マッチの火をかたどったものらしいです。
というのも、レビトラの即効性をマッチに例えているのだそうです。
マッチは擦った瞬間に火がでますからね。
レビトラはLEBITRAと書くのですが、「男性の生命」という意味があるそうです。
レビトラにあやかって男性の生命を再燃させてみるというのもいいのではないでしょうか?

レビトラは食事の影響を多少受けると言った程度のものになります。
油分の少ない食事なら問題無く効果を発揮してくれます。
望ましいのはあっさりとした食事ですが、油分が全体の30%を超えていなければ問題は無いそうです。

レビトラはバイアグラと同じく血管拡張作用のあるED治療薬になります。
そのために、副作用として頭痛が発生することがあります。
そういった頭痛を防ぐために、市販の頭痛薬と併用しても問題はありません。

レビトラは10mgの錠剤ならば、4時間ほど効果が持続し、20mgの錠剤ならば9時間ほどその効果が残ります。
またバイアグラと同じく脳に作用する医薬品がないので、性的興奮の材料にはなりません。
あくまでも勃起をサポートするものになります。

先程も触れましたが、食事の影響は少ないとは言え、受けないわけではありません。
食後に服用する場合には満腹になるまで食べないようにして、食後2~3時間を空けるようにしましょう。
お酒との相性はあまり良いとは言えません。
血管拡張作用によって、酔いが一気に回ることもあります。
とはいえ、お酒には緊張を和らげる効果があるために、性行為の際に緊張するという方は少量であればアルコールをとってもいいでしょう。